仄暗いフィンランドの底から#19「ゴジラ」

フィンランドでは新型コロナウイルスの流行が落ち着いてきた。多くの人が夏季休暇に入り始め、国内旅行をしている人が多いようだ。私は自粛期間が始まった3月中旬からほとんど家を出ない生活を今も続けており、特にブログに記録しておきたいことは何もしてこなかったので更新がしばらく途絶えていた。

久しぶりにちょっと記録しておきたいことがある。それは勉強について思うことだ。

最近、勉強する時に怒りの感情が凄く湧き上がってくる。フィンランド語の難しさに対する怒りと、それが分からない自分に対する怒り、なぜフィンランドでこんなことしてるのかという自分の過去の決断に対する怒りなど、様々な感情が湧き上がってくるのだ。

続きを読む

アメフト関連本レビューまとめ

『The ESSENTIAL Smart FOOTBALL』

『Breaking down Lincoln Riley’s 2018 Oklahoma Offense』

3x1のパスカバーについて

トリプス、トリオなどと言われるWRが片側に3人、反対側に1人いるフォーメーションでのパスカバーについて語って行きます。

ここで話すことはいわゆるCover7と言われるパスカバーです。パスカバーについて詳しく知りたい人はこちらを参照ください。

3x1の守備について Sabanの守備構造を勉強してから3x1の守備を見るときに注目している点が3つあります。

①FSの動き

②3人サイドのCBの動き

③単騎サイドの守り方

Stubbie,Stump,Stoutとかいろんな守り方の名前がありますがそれはただの名前ですので、名前を使わずにCover7の考え方を噛み砕いていきます。

3x1におけるCover1、2manについては触れていません。

続きを読む