『All or nothing パンサーズ編』感想

今回は『All or nothing パンサーズ編』の感想を述べていきます。

.トレイラー

.点数 7/10

.学び

Ron Riveraヘッドコーチは怖くない!!

.作品紹介

2018シーズンのパンサーズの内部に迫ります

.感想

All or nothingシリーズを見るのはこれで3つ目です。

「Michigan大編」と「マンチェスターシティー編」を見たことがあります。

感想はこちらです。

今回はパンサーズの2018年シーズンに迫っています。

昨年の成績は7勝9敗でNFC南地区3位と残念な結果になっていました。

QBニュートンのパス成績はキャリアハイだったのですが、だんだんとチームは勢いを失い連敗を重ねてしまいました。外から見ているとニュートンの怪我が原因なのか、はたまた守備コーチが原因なのか?と色々と考えてしまう部分がありました。今回このAll or nothingで少しでも当時の背景を知れれば良いなと思いながら見ることにしました。

HCのRon Riveraの高感度爆上げ

私はそこまで選手やHCの性格などに詳しくないので、今回HCの裏の顔?を観れたのは嬉しかったです。今までは「サイドラインで微妙に暗いサングラスをかけて表情を変えずにただただフィールドを静観している人」のイメージがあったのですが、なんと犬好き!

愛犬の名前は「タホ」だそうで、こんなに可愛いのです。

さらには奥さんとイタリア旅行している時のこの笑顔!

HCと奥さんはカリフォルニア大で知り合いました。

誘ったのはHCからだそうですよ。

奥さんはもともとバスケ選手だったのですが、学生時代の怪我により選手人生を諦め、コーチングの道に進みます。彼女は心理学の学位も持っているため、もしかしたら影でHCを操っているのはこの奥さんかもしれませんね(笑)

コーチはやっぱり口が悪い

最近Netflixで配信されている「Last Chance」を見てるんですけど、こちらは短大アメフト部の、言うことをなかなか聞かない選手ばかりなので、Fワード使うのも納得だったのですが、All or nothingでもかなりFワードを聞きましたね。オフェンスコーディネーターのNorv Turnerも選手がミスするとFワード、HCも選手を鼓舞させるためにFワード。

この2つのシリーズ見ていると私まで口が悪くなりそうです(笑)

不満のある選手もいたようだ

DJことDonte Jacksonはこのドキュメンタリーを気に入らなかったそうだ。

膨大な撮影データの中から8話にストーリー性を持たせたまま編集しなければいけないので、どうしても偏って見えてしまうのは仕方ないよね。

Efe Obadaについて詳しく知れた

Wikiとその他ウェブの情報によると、ナイジェリア生まれのObadaは8歳の頃オランダに移住。10歳の頃に姉(もしくは妹)とイギリスに渡る。その時、後に彼らを面倒を見る予定の赤の他人とイギリスに渡ったが、彼はObadaとその姉(もしくは妹)を道に捨て消えてしまった。3日間ホームレスとなり、近くにいた警備員がシェルターを提供し、その後里親を転々とすることに。

16歳頃、彼は南ロンドンのギャングに仲間入りしており、友人3人が殺された。

当時彼女であった妻の助けもあってこの環境から脱出し2014年にアメフトに出会う。

当時ロンドンのチームのHCで、現在ファルコンズのコーチであるAden Durdeに誘われ、2014年のロンドーンゲームの際にNFLコーチ陣に実力を見てもらい、2015年に声がかかり渡米。

しかしダラスからリリースされてしまった彼は、後にチーフスとファルコンズでも挑戦してみたが契約まではいかなかった。そして2017年パンサーズにたどり着いた。

彼はロンドンで捨てられた事の詳細や、彼の妻や姉(もしくは妹)の情報をあまり公開したくないため、あまり情報が見つからなかった。

今後の活躍に期待です!!

マカフリーの「50ドル」の話面白い?

アメリカンジョークを披露しているマカフリーだがその内容が私にはあまり面白くなかった。しかしチームメイトは爆笑しているではないか、、、分からん(笑)

内容は、、、

「老夫婦の夫が妻にヘリコプターライドに挑戦したいと言った。ずっと乗ってみたかったんだ!と懇願するも妻は『50ドルもするからダメ。50ドルも!』と頑なに拒否した。5年後、85才になった旦那はまたヘリコプターライドに乗りたいと懇願するも、『50ドルもするからダメ。50ドルも!』と言われ拒否された。聞くに耐えられなかったヘリコプターの操縦士が、ライド中一言も言葉を発しなければ無料で乗せると提案してきた。操縦士はありとあらゆる曲芸を披露し悲鳴を上げさせようとしたが、夫婦は黙っていた。操縦士がなぜ黙って入られたのかと夫に聞くと。妻が落ちかけた時には声が出るかと思ったけど、『50ドルもするからダメ。50ドルも!』」

面白いですかね?(笑)

以下動画字幕なし

おわりに

さあ、このドキュメンタリーできっとパンサーズファンが増えた事でしょう。

これを見た後から新シーズンの開幕が楽しみでしょうがないです。

英語で仕入れたパンサーズの情報やアメフト情報をTwitterで発信しているので是非交流してください。一緒にアメフトを盛り上げていきましょう!!

カウントはこちら@minimarulist

最後のお別れはこの曲で

Bobby WomackでSweet Caroline

All or nothingへのリンク(Prime会員になる必要があります)

参考ページ

https://en.wikipedia.org/wiki/Efe_Obada

https://www.theguardian.com/sport/2019/mar/25/efe-obada-nfl-interview-donald-mcrae

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください