【Week1】Northwestern対Stanfordレビュー

カレッジフットボールが開幕しました。

#25StanfordはNorthwesternをホームに迎えての一戦を17対7で勝利しました。

.ハイライト

.総評

このゲームは非常にスローなペースで攻撃が進みました。40秒計を時間ギリギリまで消費し、スナップ前にリードをしっかり行っていました。ポゼッションを見てみると38:12とかなりの時間をスタンフォードが握っています。

フォーメーションでは、TEを3枚用いてバンチフォーメーションを形成してからの攻撃が多かった印象です。

試合途中で先発QBのCostelloを負傷交代で欠いたのは痛かったです。今は怪我の状況の続報待ちですね。

Loveが抜けたRB陣はどうなるのかと心配していましたが、4年RBのCameron Scarlettは22回キャリーで97ヤード走り、平均4.4の成績を残しました。タックルを剥がすのと避けるのが非常に上手で、今後も期待できそうです。

.ターゲティング取られず

先発QBは前年通りCostelloが務めましたが、このプレイで負傷交代。代わりに3年生のDavis Millsが出場しました。

ヘルメット、顎への衝撃はターゲティングとされていますが、なぜかこのプレイでは反則が出ませんでした。酷すぎです。

その後試合に戻ってくることはなく、怪我の状況も未だ不明です。

*追記:どうやらこのプレイ、守備の選手も態勢を変更できない状況のため反則は取られなかったと判断されているそうです。

.Millsのファンブル

代わりに入ったDavis Millsはリードオプションで2回もポロリをしています。少し不安な点もありますが、パス能力はなかなか良いと思います。しかし成績自体は不安でしかありません。

成績はパス成功14回中7回と50%、81ヤードの獲得。0TD0INT。

.次戦はUSC(1-0)ホーム

ESPNの勝率予想ではStanfordの勝率は38.4%です。

USCは今週Fresno Stateに勝利。なかなか攻撃力がありそうで不安になりますが、実際に試合をしてみないと分かりません。

*追記:USCの先発QB JT DanielsはACL断裂でシーズン欠場とのことです、、、残念です。

.PAC12北状況

California(1-0)

#25 Stanford(1-0)

#13 Washington(1-0)

#23 Washington State(1-0)

Oregon State(0-1)

#11 Oregon(0-1)

まだまだ初戦。カンファレンス外と戦うPAC12チームはできる限り勝ってもらいたい。なぜなら今後Stanfordが戦うチームのランクが高い方が、勝った時にプレイオフのランク上位に行くことができるからだ。だからOregonが負けてしまったのは非常に残念でならない。。。

.追記

Davis MillsがUSC戦のスターターに指名されたようです。

Costelloはいまだ先週の試合の影響を残しているようですね。

Millsはファンブル2回しているだけあって不安ではありますが、この場で大活躍すれば今後もスターターの可能性も??

参照

https://www.espn.com/college-football/game/_/gameId/401114207

https://www.espn.com/college-football/standings

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください