今週の「アメフト動画で学ぼう」#3

.動画

.動き 

.考察

・オフェンス

ショットガンで、QBの後ろにRBがいるフォーメーションを「ピストルフォーメーション」と言います。

メリットとしてはランプレイの種類が豊富であること。RBがスピードに乗りやすいことが挙げられています。

例えば左へのRBランだとしても、RBが後ろにセットしているのでQBは左向きでハンドオフすることもできれば、右から回転してハンドオフ(リバースピボット)することができます。

RBの動きとしても一歩右へ足を踏み込んでから左へ走るカウンターランも可能です。

動画のプレイは「オプションラン」です。

OLは全員右へステップを踏んで、目の前の守備をブロックします。

その時、DLの一番左の選手#29をブロックせずに放置します。

この#29がRBにタックルしに来たらQBがボールをキープします。

この#29がRBにタックルしに来なかったらRBにボールを渡します。

・ディフェンス

守備はDL3人が右にスラント。一番右でスタンバイしていたLBは人が少ない中央の守備に移りました。一方で左サイドの二人はQBとRBに目掛けて急発進。それぞれの役割分担をしっかりこなして確実に止めました。

.おわりに

これは守備のコールの勝ちですね。

しかし右側に守備の人が少ないのでこちら側のラン、もしくは左のTEがブリッツの入った左側のLBのスペースにスルーっと抜けていくプレイだったら痛い目にあっていたでしょう。

参考ページ

https://en.wikipedia.org/wiki/Pistol_offense

https://www.sportingcharts.com/dictionary/nfl/pistol-formation.aspx

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください