Week3 パンサーズ ベンガルズ 感想

今週はベンガルズとの対戦。

好調なベンガルズオフェンスに対応できたのか、

先週は負けてしまったので是非とも今回は勝ちたいところ

.ハイライト

 

.スタッツ

総獲得ヤード  377

ラン獲得ヤード 230 41回ラン

パス獲得ヤード 147 24回投げて15回の成功

ポゼッション 33:55

 

.感想

ベンガルズが4回ターンオーバーをしてくれているので勝てましたね。

またMcCafferryが184ヤード走り大活躍。

見ていて気持ちよかったです。

今回はかなり走った分パスレシーブは減り2回キャッチの10ヤードでした。

 

. Good play call ハイライトの4:53プレイ

アサイメント

WRがモーションでQBの後ろにくる。

RBへのハンドフェイクを入れて、モーションしてきた選手にピッチするように見せかけて、RBへスクリーンパス。

 

Point1:モーションした選手へピッチフェイクすることによって、ディフェンスが右にずれる。

Point2:左WRが奥に走り込むことでCBをうまく引きつけていた。

Point3:左ガードがしっかりと右にプルしている。

Point4:RBもしっかりとパスプロの姿勢を作っている

 

結果ディフェンスはプレイ逆方向へ引き寄せられているのがわかる。

ラインが3枚ブロックに対してディフェンスはほとんどいないため、TDへと繋がった。

非常に綺麗に決まっていて感動しました。

 

次週はお休みで10月以降にジャイアンツのと対戦。

Penn stateで大暴れしていたRBルーキーのバークリーがいるので非常に楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください