【Week1】ラムズ対パンサーズ レビュー

ラムズをホームに迎えての試合は30対27で負けました。

.ハイライト

.総評

終始ラムズが有利な状況でなかなか勝ちの匂いがしませんでした。

パンサーズはターンオーバーを3回もしてしまったことが敗因と思って良いと思います。

良い点を見ていくと、相変わらずMcCaffreyはランでもパスでも絶好調。

Newtonの肩の調子は良いようですし、Mooreはポロリがありましたがヤードを獲得してくれているので今後の改善に期待です。

守備ではBraberryが1サックと今後に期待したくなる活躍でした。

.OL陣の頑張りに注目してくれよな!

McCaffreyのTD動画。

CのParadisがしっかりと体を入れてランニングレーンを作ってくれています。

ボールを持った選手に目がいきがちなアメフトですが、影にはこうやってブロッキングしてくれるOLの存在があります。

.CMCの根性!

ディフェンダー2人に絡まれてもなお、体を伸ばしてTDを決めにいく姿には泣くしかありません!!大好き!!

.Liteビールがぶ飲みおじさん

試合内容に満足がいかないのか、ビールを18缶以上も開けるおじさんがwww

画像の椅子の下に注目!!

.地区状況

セインツ(1-0)

パンサーズ(0-1)

バッカニアーズ(0-1)

ファルコンズ(0-1)

勝利したのはセインツのみですね。

まだまだ1戦。負けてしまいましたが、次週は同地区対決!!是非とも勝ってもらいたいです!!

.バッカニアーズ戦プレビュー

①ニュートンのロングパス精度が悪い

前回の試合で10ヤード以上のパスは6/12、50%の成功率と低く、一番長いので17ヤード。さらにはINTも献上している。

②CMC一極集中

オフェンス的には分散してヤードを稼げるようにするべき。

③バッカニアーズのRB Ronald Jonesが好調

13回走って75ヤード獲得。平均5.8。 CARは先週のラン守備では平均5.2ヤード喪失しているだけに、不安大。

④Winston不調。

先週の試合では3INTを献上し、内2つはリターンTDされている。CARのパスディフェンスは好調。

・私見

バッカニアーズは初戦負けております。敗者同士、同地区対決となります。

ESPNの勝率予想ではパンサーズが69.1%の確率で勝利が見込まれています。

プレビューをみると、バッカニアーズのパスは悪いがランが良いとのこと。さらにパンサーズのランディフェンスが悪いことから、ランプレイが狙われるかもしれませんね。それで前のめりになったカロライナの守備の背後を狙ったパスをWinstonが冷静に決めれるようであれば、パンサーズ、、、負けてしまうかもしれません。守備の活躍に期待したいと思います。

では!

参照

https://www.espn.com/nfl/game/_/gameId/401128054

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください