【Week3】パンサーズ対カーディナルズ レビュー

カーディナルズとのアウェー戦は38対20で勝利しました。

Newton欠場、Allen先発と不安に思っていましたが、そんなことをぶっ飛ばすかのような活躍をみせてくれました。

.ハイライト

.総評

2試合負けて、もうプレイオフは厳しいかなと思っていたところに現れた23歳のAllen。

今後も彼がこの調子をキープしてくれるのかは不明ですし、Newtonと交代するかもしれません、でもそんなことはどうでもよくて、何よりも1勝出来たのが本当に嬉しかったです。

ここ最近カレッジで応援しているチームも負けていただけに。。

.ドラフト外加入のAllen

Kyle Allenは高校卒業時はランクナンバー1QBだったそうです。

Texas A&Mに進学したが、そこにはKyler Murrayが。その後Houstonに転校。ドラフトでは指名されず、、契約と契約解除の間をさまよっていました。

しかし少ないチャンスをしっかりと掴んだのでした。凄い…

Allenは先発を2回経験し、全勝。一方でNewtonは過去先発8試合中全て負けています。Newtonの契約は2020年のシーズン以降に切れるため、今後もAllenが好調であれば、長期的な先発を彼が務める可能性も考えられます。

パスが正確なのが素晴らしい。

.CMC153ヤード走り大活躍

キャリアロングとなる76ヤード独走TDを記録!

ブロッカーを多く置いたフォーメーションからのランを見て、Stanford時代を思い出しました。

.テキサンズ(2-1)のホームでの対戦

ESPNの勝率予想ではテキサンズが75.4%の確率で勝つことが見込まれています。

なんとWatsonとAllenは高校で一緒にプレイした関係とのことで、道は違えどNFLでQBを務める同士になるとは面白い世界ですね。

またこの試合では兄弟対決も見れそうです。パンサーズのS Eric Reidの弟であるJustinがテキサンズでSを務めております。彼らの母親はジャージを半々にしてつなぎ合わせたものを既に用意済みだとか。

この試合ではサック祭りになるかもしれません。パンサーズは先週8サックを記録。DE Mario Addisonが3回、ルーキーLB Chrstian Millerが2回記録しています。

一方でテキサンズはJ.J Wattが2回サック、ロスタックルが2回、5回QBヒットと好調。

パンサーズのOLのパスプロに期待です。

.地区状況

セインツ(2-1)

バッカニアーズ(1-2)

ファルコンズ(1-2)

パンサーズ(1-2)

今週も勝って勢いをつけましょう!!

.最近の記事

.参照

https://www.espn.com/nfl/story/_/id/27678940/panthers-christian-mccaffrey-breaks-free-longest-run-nfl-career

https://www.espn.com/nfl/game/_/gameId/401128026

https://www.espn.com/nfl/preview?gameId=401128026

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください