仄暗いフィンランドの底から#22「ヘルシンキ日帰り旅行」

ヘルシンキ日帰り旅。こちらはなかなか面白かった。というのもラーメンを2回も食べたからだ。

写真とかはTwitterのスレッドにて…

トゥルクにラーメン屋はないが、ラーメンを出しているレストランはあるみたい。

でも高そうなので行ったことはないし、美味しいと言う情報も聞いたことがないので手を出せずにいる。

2回食べたと言ったけど、別々のラーメン屋さんで食べた。

ヘルシンキには新しくTriplaという名前のショッピングモールが新しく建設され、そこに入っているTokumaruというラーメン屋が美味しいと言うので食べに行くことにした。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#21「これが温泉だったらな」

新型コロナのパンデミック以来、外出を自粛していたこともあるが、そもそも私自身があまり目的もなく外にでることが面倒なタイプであることもあって、妻と一緒にそれほど出かけていなかった。しかしめずらしく先週末は遠出をした。

ひとつは田舎の湖に義理の両親と泳ぎに出かけ、もう一つは妻と一緒にヘルシンキに赴いた。

フィンランドの夏と言えば6月である。

日本だと8月が夏っぽいが、フィンランドは6月なのである。

いまだに妻が「夏」と言うと8月を思い浮かべてしまうので、これが異世界転生か…と少し思わなくも無い。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#20「銃」

今週、フィンランドにて銃に関連する事件が二日連続で起きた。

一件は殺人容疑がかけられており、撃たれた男性は亡くなってしまった。

もう一件はレストランで銃が暴発したようだ。

2015年とちょっと古い記事によると、フィンランドはEU諸国で最も銃による死者が多い。また約8人に1人の割合で銃を所持しており、これもEU諸国で最多とのこと。悲しいことに、2013年頃には自殺の方法で銃が2番目に多く使われていたそうだ。*1

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#19「ゴジラ」

フィンランドでは新型コロナウイルスの流行が落ち着いてきた。多くの人が夏季休暇に入り始め、国内旅行をしている人が多いようだ。私は自粛期間が始まった3月中旬からほとんど家を出ない生活を今も続けており、特にブログに記録しておきたいことは何もしてこなかったので更新がしばらく途絶えていた。

久しぶりにちょっと記録しておきたいことがある。それは勉強について思うことだ。

最近、勉強する時に怒りの感情が凄く湧き上がってくる。フィンランド語の難しさに対する怒りと、それが分からない自分に対する怒り、なぜフィンランドでこんなことしてるのかという自分の過去の決断に対する怒りなど、様々な感情が湧き上がってくるのだ。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#18「タバコ」

コンビニに買い物に行こうと外へ出ると、エントランスの扉を出たところで若い女性2人がタバコを吸っていた。

フィンランドでは室内喫煙が禁じられているため、外に出てタバコを吸う必要がある。

たまにベランダの窓を開けて吸っている人を外から見かけるが、多分あれはアウトである。

正確な数字を見たことないので肌感覚ではあるが、街中で見ていると女性の喫煙者数は日本よりも多く感じる。しかし移民のクラスメイトでタバコを吸っている女性はなかなか見なかった。イスラム教徒やアフリカ出身の女性でタバコを吸っているクラスメイトを私は見たことがない。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#17「生と死の間にいる存在」

実家の飼い犬が亡くなった。15歳であった。

4月21日朝。授業は昼からだったがなぜか早くに起きた。妻も起きるなり私に向かってLineを開けと言ってきた。メッセージを確認すると愛犬の訃報であった。

最近までは元気であったが容体が急変した。動物病院へ連れて行き一時入院したが真夜中に1人で亡くなってしまったそうだ。父曰く、朝、遺体を預かりに行った時にはまだ体が温かかったとのことで、朝近くまで頑張っていたのではないかとのこと。もっと早くに手術をしていればと後悔していたが、誰も責めることはできない。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#16「オンライン授業」

 学校が閉鎖されて31日がたった。オンラインで授業を受けるというのは高校時代ぶりである。受験勉強のため私は東進ハイスクールのオンライン授業を受けていたのだ。しかしあれは録画された授業を聞くだけであったが、現在のフィンランドで受けている授業はLiveである。今回はフィンランドでのオンライン授業はどんな感じなのかを書いていこうと思う。もちろん色々な状況があるので、全てが私と同じ状況とは限らない。一例として読んでもらいたい。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#15「コロナウイルス4」

 学校が閉鎖されて24日がたった。あっという間である。私も色々と新しい単語やらを学んではいるが、専門用語をアウトプットするのは非常に難しいし、フィンランド語で説明しろと言われたらあやふやな説明になるであろう。最近はあらかじめ日本語で得られそうな知識は日本語で予習しておいてからフィンランド語で授業を聞くようにしている。これをするのとしないのとではかなり入ってくる情報量が違うと思う。予習の大切さを思い知らされた。

続きを読む

仄暗いフィンランドの底から#13「新型コロナウイルス2」

 学校が閉鎖されて10日たった。外出したのは1回のみで、近くのコンビニに食料を買いに行っただけである。妻は外せない用事が何度かあり市街地に出かけており、街中には人が少なく、バスの利用者も少ないようだ。

続きを読む