『スター・トレック:ピカード』シーズン1第9話レビュー

 オーーー!!これはとんでもないバトルが繰り広げられそうな予感のする終わり方でしたね。ついに来週で終わってしまうのは少し悲しいですが、楽しみでもあります。

 結局離れ離れになった乗組員たちはソージの生まれ故郷で集合しましたね。到着したピカード達の乗っている船が花に包まれることで、ボーグキューブの大きさを比較することができ、キューブがいかに大きいかも分かることができました。シンスはこの花を防衛手段として使っているそうですが、現在所有しているのは23個と、218隻のロミュラン船と戦うには到底足りない数になっていますね。望みはシンスが他の人工生命を呼び寄せるか、もしくはボーグキューブが復旧することですかね?胸熱な展開を希望するのなら、ピカード が約束を取り付けていた連邦の1艦隊が到着するとかですかね?しかし距離的に間に合わない気もしてしまうので、もうダメかと思ったところでの連邦の登場だったらわーーーって騒いでしまうと思います。シンスがバルカンの精神融合ができるの凄かったですね。まさか機械でもできるとは。

 泣いても笑ってもついに来週で最終回!!次にスタートレックを観れるのはディスカバリーのシーズン3でしょう。。。時が進むのは早いですね。最終話、みなさんで存分に楽しみましょう。

視聴

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください