『スタートレック:ディスカバリー』S3E1

ネタバレありです

待ちに待ったシーズン3!

930年後の世界に来た連邦のクルーですが、このエピソードで現れたのはバーナムだけ。

JJの映画『スタートレック』でも、ロミュラン船とスポックの出現に時間差があったように、バーナムもしばらく仲間の到着を待つことになるのかもしれないですね。

銀河系の生命体は救われたということは、ディスカバリーもバーナムと一緒にタイムトラベルに成功しているという証拠でしょう。

問題はいつ到着するのか。

バーナムが辿り着いたのは3188年で、30セクター内にいる連邦船はなんと2隻とのこと。

今後この2隻と連絡を取ることになるのでしょうか?

Memory Alphaの情報によると1セクターの範囲は明確には決まっていないようで、この30セクターがどれくらいの範囲なのかが気になるところです。

ソース:https://memory-alpha.fandom.com/wiki/Sector

それにしてもあの施設で待っていた連邦の人、40年間も一人で寝ては起きてってのを繰り返してたんですね。

表情が全然変わらないのでてっきり出来の良いホログラムか何かと思ってしまいました笑

でもしっかりと歯磨きしていたましたね。

エピソード1ということでいっぱい謎も出てきましたね。

特に120年ほど前に起きたとされる、大火事件が気になりますね。

120年前ってことは3068年くらいってことですよね。

ちなみにヴォイジャーのドクターのバックアップコピーが発見される話『700年後の目撃者』が3074年とのことなので、ドクターが頑張ってアルファ宇宙域に戻っても、連邦は崩壊に向かっている最中という少し悲しい結末になるわけですね…

『700年後の目撃者』のNetflixリンク:https://www.netflix.com/watch/70178132

それにしても何が原因で大火事件は起きてしまったのでしょうか?

連邦を嫌っている人たちによるものなのか?

今シーズン私が期待することは、32世紀がどんな世界なのか、ボーグとかはどうなっているのか、930年間でどんなことが起きていたのか、といったことを知りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください