『マンダロリアン』感想

S1感想

ようやくディズニープラスに加入したのでマンダロリアンを見たけどもこりゃ普通に面白い。

子連れ狼。

マンダロリアンのガジェットがカッコいいし、戦闘シーンも凄い。

世界観もちゃんとスターウォーズ。

新3部作を見てからというものの、なんだかちょっとスターウォーズがつまらなく感じていたんだけども、マンダロリアンを見てからまた面白く感じるようになってきた。

なによりもベイビーヨーダが凄く可愛いなw

それから映画に出てきたタトゥイーンの酒場とか、懐かしいと言えばいいのか、既視感のある場所がたくさん登場したのも良かった。

途中までは1話完結っぽい感じのストーリーだったけども、終盤につれて話がつながってきて、最後の最後の帝国の残党とのバトルは凄く良かった。

でもまだまだなぜ帝国の残党がベビーヨーダを狙うのかがわかんないんだよね。

ジェダイの生き残りと通じているとかかね?

そこまで何か深く考えたくなるような作品ではないけども、スターウォーズのギアの古めかしい感じのカッコよさとか、宇宙船のカッコよさをまたこうやって楽しめるのは最高だった。

S2感想

もうね、美味しいところ全部ルークが持ってくじゃんww

それから最後はもう涙腺崩壊ww

でもちょっと突っ込むとすれは、それはクローンウォーズを見てないと「??」になる登場人物とか設定が多いかな?ってところかね。

見てるのと見てないのとではかなり楽しみ方が変わりそう。

私は全部は見てないけども、一部の主要設定だけは知っていたのでなんとか調べながら楽しめました。

アソーカが何者でどうやってジェダイの粛清を生き残ったのかとか、途中で登場したマンダロリアン3人組は何者なのかとか、ダークソードがなぜ必要なのかとか、アニメを見てないとパッとしない部分もいっぱいでしたな。

それからボバフェットが登場したのも凄く良かった。

普通にやっぱりカッコいい。

宇宙船のデザインも最高。

どうやら、彼の物語が今年の12月に配信開始されるみたいで、ディズニープラス強すぎる…

問題の涙腺崩壊だけど、これもね…ディズニーの嫌いな部分だけども嫌いになれない(←意味不明)部分なんだよね。

明らかにお涙頂戴な展開、主人公たちは救われる、って分かってるストーリーなんだよね。

ディズニー「はい!いい話でしょ?泣くよね?だってこんなに可愛くて、二人の友情がここまで育まれてきたんだからね?」

って言われてる感じで嫌なんだよね。(ひねくれ)

でも泣いちゃうんだよね。いい話だーーーーーーってなってしまうんだよね。

ディズニー嫌い!!(好き)

だって途中から分かるじゃん!泣く話だって見れば分かるじゃん!!

二人の仲が深くなるにつれて、あ、これは最後泣くやつやなって。

それからもっとずるいのはずーーーっと顔を隠していた主人公が最後の方では人の前で顔を見せるんだよね。あれずるいわーーー

ディズニー「たまには信条を曲げてでも愛する人のために行動するべきだよね?それって素晴らしいことだよね?ね?ね?」

って言われてる気がするわーーー

ずーっと表情が見えない主人公が急に悲しい表情見せるのとか本当にずるいわーーー

ツンデレみたいなものじゃんあれ。

高度すぎるわ。

泣くに決まってんじゃん。

話をベビーヨーダに戻すと、血液が必要って言ってたけども、あれを使ってもしかしたらレイでも作ったのかね??

シーズン3はあるのか?

まだまだダークセイバーの件もそうだし、帝国の計画とか、謎が残っているからきっとあるのでしょう!

もうベビーヨーダいなくなったからシーズン3では絶対に泣きません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください