ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド S1E2感想

第2話感想

ネタバレありです

ちょっと展開が遅くないですかね?

先週は楽しく感じましたが、ちょっと微妙な気がしてきてしまいました…(早い)

エンプティーに苦戦する感じは確かにまあ納得な流れなんですけど、結局2話経って一体も倒していないw

コロニーの謎にももちろん触れられておらず、この話は登場人物の過去について知る話になっていました

でも知ってなおあまり引き込まれない…

それからホープはエンプティーに対して「ごめんね」って謝罪しちゃうくらい優しい子。

反抗的な感じの子かと思っていたけど根は優しいタイプ?ギャップ…良い!?

きっと妊婦を殺したことを後悔していて、エンプティーさえも殺すことができないのかもしれないですね。

「虫も殺せないくらい優しい子」って表現がこの時代では「エンプティーも殺せないくらい優しい子」ってなっているかもしれないですね。

それからサイラスも倒せない。うん、まあガンバ!

知識が豊富な男の子もエンプティーに襲われかけてスプレーかけちゃうあたり大丈夫か?って思ってしまう。虫じゃないんだから!

果たして彼らはこのシーズンでどれほど成長するのか。

本家メンバーみたいにドギツイ成長をしてもらいたいね。

キャロルみたいなw

ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド S1E3感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください