ウォーキング・デッド:ワールド・ビヨンド S1E6感想

ネタバレありです

このエピソードで初めて知りましたけど、エンドロールの後にも少し映像があったりしたんですね!

ちょっと前のを見てみるとなんかウォーカーを研究していますね。

一緒に写真に写っていた人が被験者になっているけど、どうゆうこと?

怖いんだけど。

しかもサンドイッチ食べてるし…

それはさておき、このエピソードはなかなか面白かったですね。

なんとこの男は詐欺師だった!

死んでいると思った男は生きていたし。

銃声も実は嘘。

凄いな。

こうやって物資を集めてきたわけなんだろうけど、よくここまで復讐されずに生き残ってきたね。

それか出会った瞬間に殺されなかったね。

意外とこの世界には優しい人間が生き残っているのだろうか?

もしこれがリック達のグループだったならどうなっていたことか。

そもそも見た感じ騙そうとは思わないかもしれないですね。

基本的に、ここまで生き残っている人たちってだいたいは人を殺していたりしていると思うんだけど、こんな詐欺で生き残っている人って本当に少数派ではないだろうか。

どこまでが本当なのか分からないけど、バイソンの話は面白かった。

それからホープは罪悪感からエルトンの作業を手伝おうとしているんだけど、なんだかどんどん言い出し辛くなるね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください