【ネタバレあり】『アクアマン』感想

今回は『アクアマン』の感想を述べていきます。

.トレイラー

.点数 8/10


.作品紹介

海底戦争を止める話


.学び

シチリア島めちゃ綺麗


.監督

ジェームズ・ワン

死霊館シリーズの人ですね!めちゃ好きなシリーズです。


.役者

ジェイソン・モモア

彼と初めて出会ったのは「スターゲイト・アトランティス」のこと、その後ゲームオブスローンズで再開したときにはテンションが上がりましたね。

「替え玉!」がめちゃくちゃ可愛いね。



アンバー・ハード

この女優さん、あまりみたことがなかったです。

赤毛が似合っておりました。


ウィレム・デフォー

もうみなさん彼をみたらどうしてもグリーンゴブリン思い出すんじゃないですか?


ニコール・キッドマン

51歳なんですか?あなた!!アクション最高じゃないですか。


テムエラ・モリソン

まさかモモアマンのお父さんジャンゴ・フェッド役の人なんですね。


パトリック・ウィルソン

この人は死霊館から好きですね。今回はアクションシーンもあってとんでもなくかっこいい。


.感想

面白い!!というかモモアマン好きー


・津波が怖すぎる

映像がやばいね、一番記憶に残っているシーンはやはり津波のシーンだろう。

モモアマンは海中でも高速で泳ぐことができるし、息もすることができるから助かるのは当たり前だけど、私たち人間から、日本人からすると再度津波の怖さを実感したね。

https://twitter.com/ComicBooksTalk/status/1061002934601822216

・ストーリーから成長は感じられない

彼はいわゆる日本語で言うハーフなんだけど、彼は長いこと地上で暮らしていたわけで、アイデンティティーは地上側だと思うんですよ。そこに海底人のメラが突然現れて、「助けて」と言われて冒険に出る。冒険に出たらいきなり相手の王と戦って、負けそうになるところを助けられて、真の王のみが取ることができるトライデントを手にして最後には負けかけた相手を倒す!という非常にシンプルな話でしたよね。

でもそもそも強いからなんか成長を感じるわけでもない。ただただアクションと映像がすごい映画だった。


・最初の潜水艦のシーン

観客としてはここでモモアマンの強さが存分にわかった。

銃で撃たれても、剣でさされても、なんか強い弾当てられても平気なところは見てて笑ったw

狭い中で存分に力を発揮したモモアマンがかっこよすぎるね。


・戦争を引き起こす王

他の国の首脳と会談をしているところに例の潜水艦が攻撃に現れるんだけど、これはもう観客が見てても仕込みだとわかるよね。タイミングが良すぎる。

戦争の理由を作ったわけね。

で映画が進んでいくとそこにはブラックマンタが関わっていて、彼らがなぜ潜水艦を襲ったのかがわかりましたね。


・モモアマンのバーファイトッ

かと思いきや、ピンクのスマフォケースを持ったファンだったww

その後楽しそうにしてる写真もみれて笑ったww

キングスマンとか見てからバーファイト素敵ってなったから、是非ともモモアマンバージョンを見たかったよ。


・お父さんとお母さんの出会い

なぜか傷を負っているお母さんの元に灯台の主が助けに現れる。はい!ロマンティックーーー

それから彼らが一緒に時を過ごしたことが犬の成長をもって私たちも気がつくことができたのがすごいよかった。


・シチリア島でのバトルシーン

海以外での バトルシーンは潜水艦とこのシチリアかな?

シチリア島では海底人兵士とブラックマンタがモモアマンたちを追跡してくるんだけど、シチリアの絶景の中で、赤い光線が飛んでくるのも素晴らしいし、メラはパルクールのようにスラスラと屋根を走って逃げるのがとてもしなやかでよかった。

カメラのアングルも好きで、モモアマンが襲われている奥の方でメラが逃げてるところとか。

海底のバトルも嫌いではないけど、やはりなんか想像がつきにくい上に、SF感が出すぎてしまって、ヒーロー物に感じれなかったかな。


・デザインが全て良い

海底人の技術を見ることができるし、乗り物とか武器のデザインが凄く好き。

一番好きなのはウェポン!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください