『ドント・ブリーズ』 点数 8/10

今回は『ドント・ブリーズ』の感想を述べていきます。ネタバレありです。

.作品紹介

盲目の老人からお金を盗む話

.監督

フェデ・アルバレス

.役者

ジェーン・レヴィ

ディラン・ミネット

スティーヴン・ラング

.学んだこと

デトロイトは危険なこと

.ネタバレあり感想

デトロイトが舞台の映画で、主な登場人物は4人。

セキュリティー会社に勤める父親の息子は女の子が好きで、その子は妹と一緒に酷い家庭から逃れようとしている状況。

老人もちょっとかわいそうで、娘が事故で殺されてしまっている。

代わりに殺した相手をとっ捕まえて子供を産ませようとするってのは恐ろしい。

老人はわざわざ周りに人が住んでいないのを選んでいるのとか、鍵が4個もある時点で怪しいよな。

見てるこっちはてっきり老人がかわいそうと思ってみていたけども、だんだんと強盗側に同情してしまうのがウケるw

女の子はなんとか逃げ切れてよかったね。西海岸でお幸せに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください