『エイス・グレード』 点数 8/10

今回は『エイス・グレード』の感想を述べていきます。ネタバレありです。

.作品紹介

思春期な話

.監督

ボー・バーナム

.役者

エルシー・フィッシャー

この子の演技が本当に良かった

.学んだこと

自分らしくあるって難しいこと

Amazon Prime会員なら無料で視聴可能です。

以下ネタバレありです!

.ネタバレあり感想

思春期、周囲の目が気になるし、所属する世界も小さいものだから余計に他人の評価を気にしてしまうよね。

そんな環境で自分らしくあるってのは本当に難しい。

ケイラのYoutube動画を見ていると、本当にしっかりとした子で頭が良いんだよね。

だけど内気な性格のせいなのか、あまりグループに溶けこめれてないんだよね。

勇気を出して行動に移すんだけども、そんな簡単に物事は良い方向に進まない。

私も職場でなんか溶け込めない感があるからめちゃくちゃ彼女に共感してしまった。

ショッピングモールでうんうんと話を聞いている時の感じなんかまさに私を見ている感じがしてしまう。

別にああやってうんうんと話を聞いているのでもいいと思うんだけども、それでも理想の自分を考え出すと、何か話をしたりしたいなって思ってしまうんだよね。

特に日本語を話すときの自分はそんな風に黙って話を聞いてばかりなわけでもないから、余計に変な感じがしてしまうのである。

ケイラは本当に凄いよ。一歩踏み出す勇気を持っている。

私なら何かしら理由をつけて誕生日会に行かないもん。

それから父親との関係性を見ていると、本当に思春期だなって感じ。

お父さんのことがうざいんだけども、優しい性格だからかそこまで厳しくなれないのとか凄くリアル。

私にも娘ができたらあんな感じになるのかな。

娘がいる人とかは父親目線でこの映画を観るんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください