『ワイルド・スピード MAX』 点数 7/10

今回は『ワイルド・スピード MAX』の感想を述べていきます。ネタバレありです。

.予告

.作品紹介

1作目のメンバーが再登場する話

.監督

ジャスティン・リン

.役者

ポール・ウォーカー

ヴィン・ディーゼル

.学んだこと

一回の善なる行為は全ての悪事を帳消しにはしないこと

Netflix視聴リンク

https://www.netflix.com/watch/70103761

.ネタバレあり感想

1作目のメンバーが登場!

ハンさんが登場しているということは東京にハンさんが行く前の話なんですね。

レティーが死んでしまったとのことですが、正直言うとレティーのことをあまり覚えてないです、すみません。

1作目も見直した方がいいですね。

結局毎回ストリートレースがあるんですが、今作では街中が封鎖されていないため、なかなかスリリングなレースを見ることができました。

格段にエンタメとしてレベルが上がっていると思います。

なんだかんだあって犯罪組織のボスを捕まえるためにブライアンとドミニクは意気投合するんですが、その時にドミニクの妹とまたイチャコラするブライアン…

ガレージにお兄ちゃんいますよ??笑

一つ気になったのがアメリカとメキシコの国境にあるトンネルの描写。

人が通れるくらいの狭いトンネルが見つかったニュースは見かけましたが、あんなに車が通れるサイズのトンネルあるんですかね?

「最長の麻薬トンネル摘発、1313m 米・メキシコ間」

https://www.cnn.co.jp/usa/35148724.html

ともかく、宿敵を倒したドミニクはもう逃げないことにしましたが、結局は刑務所で長い年月を過ごさなければいけないことに。

そこに現れるブライアン!

あんたは悪か善かどっちやねん!

友人のためなら悪事も働く…んーワイルドw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください