『スタートレック ミスター・スポックを探せ!』 点数 8/10

今回は『スタートレック ミスター・スポックを探せ!』の感想を述べていきます。ネタバレありです。

.予告

.作品紹介

スポックを探しに行ったらグリンゴンに絡まれる話

.監督

レナード・ニモイ

.役者

ウィリアム・シャトナー

.学んだこと

転送する前に、転送先の安全を確認しよう

Amazon Prime会員なら無料で視聴可能です。

.ネタバレあり感想

2作目のすぐ後から話が始まるのが良いですね。SFっていつの時代だったか確認する作業が地味に疲れたりします。しかもスタートレックは複数の年代に分かれていますし。

今作ではクリンゴンとの戦いが本格的に取り上げられていました。宇宙船同士の戦いはなかなか見応えがあったのですが、オチがちょっと…転送された先で自爆の巻き添えを喰らうってアホすぎませんか(笑)もうちょっと転送する前に確認した方がいいぞ!このことをクリンゴン人が今後警戒する描写とかあれば笑うと思います。

今作は上の命令に背いて救出作戦に向かうんですが、やっぱりこういった展開が私は好きです(笑)そして部下たちがそれを助ける展開も好きです(笑)しかし少人数で行くならわざわざエンタープライズで行かなくてもいいのではと思ったけどそれは映画だから仕方ないんですかね。隠密行動にしては船がデカすぎますよ。

カークの息子が残念ながら(あっけなく)死んでしまいましたが、カークの切替が早いな…もうちょっと悲しんでもいいのでは?(笑)実際に亡骸を目にした時も大して悲しんでないし。息子だと知らされてから時間が経ってないだろうからそんなに悲しむこともできなかったのかな?

スポックが成長していくところの顔の特殊効果が凄いですね。モゴモゴしてる。

そしてTOSのようにクリンゴンとの取っ組み合い!こんなに未来になっても取っ組み合いってあるのがなんだか原始的で好きです。これぞTOSって感じ!!

個人的にはエクセルシオール級の活躍をもっと見たかったです…

次作⬇︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください