『透明人間』点数10/10

今回は『透明人間』の感想を述べていきます。ネタバレありです。

.作品紹介

透明人間と対峙する話

.監督

リー・ワネル

『Saw』の脚本家なのか…あれも衝撃的だった

.役者

エリザベス・モス

オリヴァー・ジャクソン=コーエン

.学んだこと

見られているって恐ろしいこと

Amazon Prime会員なら無料で視聴可能です。

.ネタバレあり感想

もしかしたらそこに居るのではないのかって思わせられる映像が凄かった。

カメラが何もないところを映し出すのだけども、たったそれだけでも、何かが起きるのではないかと思わせられる。

ストーリーも凄くしっかりと作り込まれているし、最後の最後で復讐を果たすのとか恐ろしすぎる。

旦那はなぜあそこまで主人公にこだわるのだろうかと思ったけども、やっぱり追いかけたくなるものなのかもねw

それにしても最初の方はなんであんな嫌がらせみたいなことをしたのかな。

ブランケットを剥がしたり、ベーコンを焦げさせたりとか。

ホラーの演出といえばそうかもしれないけども、これらのせいで彼の目的がなんなのか分からなくて、それもそれで怖かった。

同時に、この時はまだ主人公が幻覚を見ているのではないかとも考えさせられるので、本当はどっちなの?ってなってしまう。

一旦豪邸に戻るシーンで、透明人間になれるスーツを発見するけども、それをしっかりと隠しておいたのは正解でしたなw

妹が殺されたシーンは本当に突然すぎて恐ろしかった…

観客は透明人間の存在を知っているので主人公が犯人じゃないことや、頭がおかしくなっていないことを信じることができるけども、幻覚を見ている人にも見えちゃうんだよね。

結局最後に自殺に見せかけたってのが上手でしたね。

今年のベストになりそうな映画でした!

まったく、期待してなかっただけにとんでもない「サプラーイズ」やw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください