「ツイン・ピークス」シリーズ 全話感想

「ツイン・ピークス」シリーズのリミテッドシリーズも含めた感想です。ネタバレありです。

1話

登場人物が多すぎて覚えるのが難しい。

でもこれって町にやってきた連邦捜査官と同じ状況ってことよな。

相関図とか絶対ありそうだからあとでチェックしてみよう。

町の人口は5万人くらい。

ローラが死んだところから話が始まり、ローラを愛していたと言う不良少年がボビー。

このボビーが最初に疑われた人。

だけど実際にローラといたのはジェームズで、ジェームズに対してローラは「愛している」と言っていて、その後ローラは死んでいる。

アリバイのないジェームズは、ローラの親友であるドナとキスをした。

もう一人の行方不明者のことはよく分からなかったけども、二人は普段はかかわっていなかったようだ。

謎のトラック男は、ウェイトレスの恋人に対して高圧的。

主人公である連邦捜査官は爪をチェックしていることから、他の事件との関連性があると読んでいるみたい。

果たして誰が犯人なのだろうか?

疑われたボビーの相棒はマイクで、マイクとドナは付き合っているのかな?

ジェームズ曰く、ローラは人が違ったみたいと言っていて、彼女はボビーからジェームズがとある男を殺したと話していたとのことで、その男って誰?

続きを読む