『アントワーヌグリーズマン レジェンドの誕生』感想

今回はNetflixで配信されている『アントワーヌグリーズマン レジェンドの誕生』の感想を述べていきます。

.点数 7/10

.学び

努力は愛から生まれる

.作品紹介

アントワーヌ・グリーズマンという人を知れます。

.感想

小柄で足が速いわけでもなかった少年が、いかにして世界中の人々を魅了する選手になっていったのかを、1時間という短い時間ながらも、関係者各位のインタビューを交えつつ伝えてくれます。

グリーズマンは多くのクラブの下部組織のトライアウトに合格せずに、夢を諦め掛けていました。父親も、息子が多くのクラブから拒否される姿を見ることが辛かったことでしょう。レアルソシエダからのオファーがありましたが、父親は真に受けていませんでした。息子の熱い要望で最後のトライアウトを受けることに。そしてグリーズマンは14歳にしてスペインに渡ることになりました。しかしすぐに選手として開花したわけではなかったのでした。

このバックグラウンドを知らなかった私としては、彼が初めから秀でた能力を持った天才的な選手でないことを知れてより一層好感度が上がりました。

14歳にして、親元を離れてサッカーに打ち込むとかきっと辛い日々だったことでしょう。私にはきっとできません。しかし彼は周りを見返したいという気持ちを持ちながら頑張っていたそうです。凄いとしか言いようがないです。

本人が途中で少しでも諦めてしまっていたら、今頃こんな素晴らしい選手がいないと思うと、感慨深いものです。

いかに彼がチームに献身的で、努力をし続ける人であるのか、なぜ彼がフランス中で愛されているのかということがドキュメンタリーを見ていくと分かってきます。

見終えた時には、涙も、笑顔といった人間的な感情を見せてくれるグリーズマンの事を好きになっていることは間違いなしです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください