『ミスター・ノーバディ』 点数 8/10

今回は『ミスター・ノーバディ』の感想を述べていきます。ネタバレありです。

.作品紹介

12の人生を見ることができる話

.監督

ジャコ・ヴァン・ドルマル

.役者

ジャレッド・レト

ダイアン・クルーガー

サラ・ポーリー

リン・ダン・ファン

.学んだこと

選択に良いも悪いもないこと

.ネタバレあり感想

「もしあの時、別の選択をしていれば」

そう思うことって必ずありますよね。

でも別の選択をしていたらどんな人生を送っていたのかを知る方法なんてない。

確実なのは今いる環境にはいないこと。

いや、もしかしたらいるかもしれない。

選択によって何が起きるのか分からないからこそ私たちは悩むし、後悔もする。

この映画は少年の未来空想。

もしかしたらこんな人生を送ることになっていたかもしれないと。

ここ最近の私の大きな決断と言えば移住。

もし移住していなかったら私は今でもまだ東京に住んでいたかもしれない。

妻とは離婚し、一人暮らしをして、夜遅くまで仕事をしていたかもしれない。

愛猫とも出会っていない。

「移住していたらな」と妄想をしていたかもしれない。

私にも気が付いていない小さな決断が私の人生を大きく変えていたかもしれない。

運命を感じずにはいれない。

何か大きな力が働いてここにいるのか、それとも単なる偶然が重なったのか。

どちらでもいいけど、どんな選択をしていても別の人生のことに思いを馳せていたことだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください