【ネタバレあり】『スパイダーマン: スパイダーバース』の感想+イースターエッグ

今回は『スパイダーマン: スパイダーバース』の感想を述べていきます。


.トレイラー


.点数 8/10


.学び

「Hey」は低い声で言う。


.作品紹介

いろんなスパイダーマンが集まってわちゃわちゃする話


.監督

・ボブ・ペルシケッティ

監督デビュー作のようです。


・ピーター・ラムジー 

彼の作品はこれが初見。


・ロドニー・ロスマン

22ジャンプストリートの脚本家!おおおお。


.声優

・シャメイク・ムーア マイルス・モラレス/スパイダーマン

この人も初見です。


・ジェイク・ジョンソン ピーター・B・パーカー/スパイダーマン

New girlの人だ!!


・ヘイリー・スタインフェルド グウェン・ステイシー/スパイダー・グウェン

スウィート17モンスターの子か。


・ニコラス・ケイジ スパイダーマン・ノワール

いやもうニコラス・ケイジ好きぃー


・キミコ・グレン ペニー・パーカー

初見ですね。


・ジョン・モラニー スパイダー・ハム

同様に初見です。

.感想

・画風が面白い

モラレスの住む世界と他のスパイダーマン達の画風が違うんです。

ここも見ていて面白かった。スパイダーハムが戦うときはカートゥン調だし、スパイダーノワールは白黒。

描き分けているのも楽しさの一つだと思いますね。


・靴紐を結ばないのはなぜ?

これはただのファッションなんですかね?

背景が分かる人がいたら教えてもらいたいです。


・グエンが可愛い

マイルスに能力が発現した後にグエンに話しかけた時に髪が手にくっついて離れなくなっちゃうんですよw

なんかこのやり取りがいいなー、青春だなーとなぜか思ってしまいました。


・バンクシーw

謎の実験のせいで街灯が変テコになった際に、道端の人がこれはバンクシーだろうと言ったところで笑ってしまいましたw

ちなみにバンクシーを知らない人はこちらを見てみてください

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%BC


・マイルスの世界のスパイダーマン

まさか死んでしまうとは思いませんでした。

予告編を見ていると茶髪のピーターパーカーがマイルスの世界のスパイダーマンだと思っていたからです。

しかし実際はあの茶毛の彼は別世界から来たB・パーカーだったんですね。

マイルスの世界は金髪のパーカーで人生がうまくいっている感じでした。


・叔父が敵

この設定もなんかいいですね。

尊敬していた人が実は悪人で、その悪人は黒スパイダーマンをマイルスと知らずに追いかける。

正体を明かしたら彼は攻撃をやめてしまうが、ボスに打たれてしまう。。。

悲しいかな、でもこの出来事がマイルスを覚醒させました。

そして別次元から来たスパイダーマン達もみな大事な人を無くしてしまっているという共通点も、「スパイダーマン」というシリーズのキモなのかな?と思いました。

印象的なセリフが「You can not save everybody」(全員を救うことはできないんだ)

がヒーローの苦悩を描いているなと思いました。

で、ふと思ってしまったんだけど、インフィニティーウォーでトニーが生き残って、ピーターは塵となって消滅してしまいましたけど、もしかしたらエンドゲームでトニーが死んで、ピーターその悲しみを背負って生きていくのかな?と思ってしまいました。それがなんかスパイダーマンぽいじゃないですか。


・マイルズの能力が面白い

彼は電撃と透明化ができるんですね。

これは今まで見てきたスパイダーマンになかった能力なので面白いなと思いました。

でも私は従来のスパイダーマンの方が好きかなー


・最後は。。。

最後にマイルスがベッドで寝ているとどこから声が。。。

これは次作があることを指しているんですかね?

調べてみるとどうやら続編とスピンオフが決まっているんですね。

https://www.cinematoday.jp/news/N0105238

.イースターエッグ動画の私が気になった部分の簡単なまとめ

・フレーム数が他の映画、アニメと違うので、画が引き立つ

・冒頭にコミックコードが現れる。これはこの映画もコミックコードに従っていることを示している。例えば、悪人にも共感できる動機を持たせること。制裁が下されること。などである。

・「42」の数字がよくでてくるが。これはコミック版でマイルスを噛む蜘蛛についていた番号。

検体42番目のこと。

・マイルスの世界はアース1610。例えば「Coca Cola」が「Koca Soda」、「Fedex」が「Redex」、「NYPD」が「PDNY」、「Shaun of the Dead」が「From dusk till shaun」、「Blue man group」が「Red man group」、「Snapchat」が「Picaboo」など。

・ピーターBパーカーは38歳。マイルスの世界のピーターは26歳で亡くなった。

・パーカの基地にはアイアンスパイダーも展示されていた。

・PS4のスパイダーマンのゲームのスーツも展示されている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください