グッドプレイ「TEスクリーン&バンチフォーメーション」Fromチーフス対ブロンコス

チーフスが無敗ということで、気になるので試合を見てみました。

1試合しかチーフスは見ていませんが、印象ではWRスクリーンを匂わせてフィールドを大きく使っている。そしてミスディレクションを多用している印象でした。

今日はTEスクリーンプレイとバンチフォーメーションでのプレイを取り上げます。

.TEスクリーン

チーフス対ブロンコス

3Q 7:33のプレイ

2ndダウン8ヤード

 

アサイメント

まずは最初の配置

 

左WRがモーションによって右サイドに移動することでLBも少し右に移動しています。

ラインと左TEはパスプロ。

QBは一度右サイドにパスを投げるフェイクを入れます。

 

QBはその後逆サイドに体の向きを変え、スクリーンパスを投げるのですが、

RBが左サイドに走り込んでいるためディフェンダーは慌ててサイドラインに向かって走りこみます。

しかし実は投げている先はついさっきまでパスプロをしていたTE。

ディフェンダーを左右に揺さぶるナイスなプレイでした。

(結果オフェンスラインのホールディング取られていましたが。。。)

 

.バンチフォーメーションでのパスプレイ

4Q 10:19のプレイ

4thダウン1ヤード(自陣46ヤード)

13対23で追いつきたいチーフスのプレイ

私がディフェンダーであればこの状況ならラン、もしくはQBスニークが来るかと思いきや、、、、

プレイ動画はこちら(9分33秒)

 

アサイメント

 

右に3枚レシーバーを固めたバンチフォーメーション

 

バンチを形成している3人のWRのうち左の選手はパスプロテクションに参加。

アサイメントで黄色で表した中央の選手は斜めに走るパスルートでディフェンダーを2枚ブロック

右の選手はディープに走り込むルートでコーナーバックを引きつけます。(マンツーマンディフェンスのため)

するとそこにRBが走り込めるスペースができました。

フリーセーフティーがなぜ左側にいたのでしょうかね。ディフェンスに詳しい方いらっしゃれば教えてください。

なによりもこの状況でこのプレイコールを出せるのはすごいなと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください