ドラマ:インパルス 感想

今回は「impulse」の感想を述べていきます。

.トレイラー

 

.点数 7/10

 

.作品紹介

瞬間移動で色々と問題が起きます

 

.クリエイター

Jeffrey Lieber 「Lost」のクリエイターの一人。

 

.役者

ヘンリー役 Maddie Hasson

反抗期の娘を上手に演じていたと思います。

この人はこのドラマで初めて見ました。

 

ジェナ役 Sarah Desjardins

同様に初見の女優と思っていたら、

「スーパナチュラル」S9E7に出演していたそう。

全然わからなかった。かわいい。

 

クレイ役 Tanner Stine

初見。悪い奴には見えない。以上。

 

ニコライ役 Callum Keith Rennie

やばいかっこいい。58歳。

 

.ストーリー

ヘンリーはそれほど大きくない街に住む高校生。

父親は幼い頃に失踪、母親とその彼氏とその娘と一緒に暮らしている。

ある日ヘンリーは授業中に教師と口論になり、「発作」を起こし気絶してしまったため、

これでは運転をさせられないということで母親の彼氏に車を売られてしまう。

ヘンリーは車を取り戻すため、車が売られた先の中古車販売店の息子を誘惑する。

車の中で彼とヘンリーはいい雰囲気になり、キスを始めるがヘンリーの拒絶に反し彼の行為はだんだんとエスカレートしていく。

するとヘンリーに再度「発作」が起き、気がつくと彼女は自分の部屋に瞬間移動していたのであった。。。

 

.感想

物語は大きく2つあり、一つは瞬間移動の能力を持った家族が謎の組織に属するニコライさんに追われている話。

もうひとつはヘンリーの話。

シリーズの最後の方で物語は一つに集約するが、ニコライさんが何者なのかは待ったく不明のままシーズン1が終わってしまう。(ちなみにシーズン2は確定済み)

 

映画「ジャンパー」との関わりは皆無のため(のはず)映画を見ていない人でも楽しめる。

全体を通して私は楽しめたが、シーズン終了後も謎が多いため消化不良のまま、もんもんと次シーズンを待たなければいけない。。。

原作小説は未読のためノーコメントです。

 

.良かった点

瞬間移動できる条件が限られている点。

主人公ヘンリーは身の危険を感じて誰も助けてくれない状況だと瞬間移動ができる。

この条件のせいで見ている私たちもハラハラドキドキさせられる。

また瞬間移動できる先も自分の部屋であったり最後に父親に会った場所など、何かしら意味を持った場所にしか瞬間移動できない点も気に入った。

 

親と子の物語。

ヘンリーの母親は夫が失踪してからいろいろな男性と同棲しては別れてを繰り返していたため、ヘンリーはうんざりしていた。この二人の関係性を見ていくのも面白かった。

ヘンリーは能力に目覚めたことを母親に相談したいが信じてもらえないと相談することができない。こうゆう構造は超能力ものには多いですね。

 

.悪かった点

謎の組織。

ニコライさんが属している謎の組織はどうやらジャンパーを研究しているよう。

彼らの目的が何なのかも不明だし、まったく触れられない。

もう少し情報をくれてもいいんじゃないのかなと思った。

 

追われる親子。

ドミニクという名前の男性は世帯持ちで瞬間移動能力を持っている。

彼の家族はニコライさんに追われており、結果子供がさらわれてしまい施設にとらわれてしまう。ドミニクは施設に乗り込み息子を発見するがなぜか息子と一緒にジャンプできないのである。

どうやら謎の組織が開発した薬か何かを飲まされてジャンプを阻止している模様。

逃げれないことを覚悟したドミニクは息子を殺し自殺を遂げる。

どうやら愛する息子を殺すほど、謎の組織は酷い実験かなにかをしていることが読み取れた。

しかし謎が多すぎて理解に苦しんだ。

 

.学び

女性に接するときは気をつけよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください