『デューン/砂の惑星』 点数 6/10

今回は『デューン/砂の惑星』のネタバレあり感想を述べていきます。

.作品紹介

救世主が現れる話

.学んだこと

ピカード艦長とパグの組み合わせが最高なこと。

.ネタバレあり感想

ドゥニ・ヴィルヌーヴのデューンを観て、リンチ版はどうなのか気になって見た。

駄作とか言われているが、見たところそこまで悪いとも思わなかった。

当時の映像技術の中ではなかなか良いのではないだろうか?

それからデザインも不思議なデザインが多くて割と好き。

ピカード艦長が出ているのも好きで、そこにパグを抱えた姿も見れたので大満足。

ハルコネンが毒を吹きかけられて生き残るシーンはヴィルヌーヴ版の方が好きかもしれない。

デザイン面では明らかにヴィルヌーヴ版の方がカッコいいけども、リンチ版の方がどこか分からない星の未知のデザイン感があるので、これはこれで良い。

それからリンチ版は展開が早すぎる感もある。だからこそヴィルヌーヴ版はしっかりとパートを分けたことと、ポール関連だけの話に絞ったのが良かったのかもしれない。

パート2の製作が決まったとのことなのでこれから楽しみであるが、今後の展開をどう描いていくのか。まさかポールがあんな感じで神のようになるとは思ってもいなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください