『ハッピー・デス・デイ』 点数 7/10

今回は『ハッピー・デス・デイ』の感想を述べていきます。中盤以降ネタバレありです。

.予告

.作品紹介

殺され続ける話

.監督

クリストファー・B・ランドン

.役者

ジェシカ・ローテ

イズラエル・ブルサード

.学んだこと

人には親切にしておくべきだということ

Amazon Prime会員なら無料で視聴可能です。

.ネタバレあり感想

なかなか面白いループものでした。

ただただループするだけじゃなくて、殺されながら犯人は誰なのかを推理していけるのが面白かった。

主人公がクズ人間だったから容疑者が多いんだよなww

しかし犯人がまさかのルームメイトとは。

映画中盤でもしかしたら?って思ったけども良い感じに悟られないように作られていると思った。

しかしマフィンで殺そうとしてたわけだけどさ、あれで死んだら検死でバレそうな気もするけどな。

それくらい彼女は教授に恋してたわけね。

というか一番クズなの教授じゃんww

あと大学のマスコットが気持ち悪い…なんであんな顔したキャラなの?

もっとゆるキャラにして!w

それから男の子良いね〜

ループしてるからこそ彼の良さに気がつけたのも良かった。

一度命がけで守ってるからね。

あと最後に主人公の恋人が言っていた『恋はデジャブ』を観たくなりました。

というか続編あるみたいだけどどんな設定になるの??w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください