『アス』 点数 6/10

今回は『アス』の感想を述べていきます。中盤以降ネタバレありです。

.予告

.作品紹介

そっくりさんに襲われる話

.監督

ジョーダン・ピール

『ゲット・アウト』の監督さん。『ゲット・アウト』が面白かっただけに少し期待しすぎたかもしれません。

.役者

ルピタ・ニョンゴ

ウィンストン・ドューク

エリザベス・モス

.学んだこと

子供から目を離さないこと

.ネタバレなし感想

先日『パラサイト』を見た後に、町山さんのムダ話で取り上げられていたので見てみましたが、『パラサイト』の後だとどうしてもそこまでワクワクすることができませんでした。

予告を見てみると、まったく同じ顔をした人が現れ、さも不気味な感じがしたのですが、だんだんと慣れていってしまう自分がいることに気がつきました。

謎が多く残る作品ではありますが、そこまで謎を知りたいとも思えない作品…

個人的にはそこまでオススメではないです…

Amazon Prime会員なら無料で視聴可能です。

以下ネタバレありです!

.ネタバレあり感想

・どの環境に身を置くのかで大きく人生が違ってくる

映画は1986年の遊園地から始まり、主人公の女性が子供の頃の話から始まります。

アメリカの遊園地は薬物の取引などが行なわれたり、誘拐があったりと治安が悪いところであるとどこかで聞いたことがあり、何かが起きるのかな?と思って見ていたら、思った通りすり替えられてました(笑)

これは最後に分かるので少し衝撃的でしたが、このもし外の世界で赤い服の彼らが生活をしていたら、同様に幸せな家庭を築けたかもしれないということが示唆しているのかなと思いました。これは環境が個々人の成長や、経済的な成功に大きく関わっているのかもしれないなと考えさせられました。

・OPの音楽が頭に残る

その後OPのようなものが始まりますが、OPの音楽がものすごく好きでした。

なんだか恐怖がゾワゾワと迫ってくる感じがして不思議な感覚になります。

さらに音楽と同時にウサギの目も写されていて、どんどん周囲が見えてくるととらわれているウサギがいっぱいいることが分かります。

この時点から謎が多くてよく分からない映画だと感じていました。

・人間なの?何なの?

襲撃される際にも同じ顔をしているのはなぜ?殴ったり殺したりできるので人間なの?とか謎ばかりでした。

最終的にはクローンであったということが判明しますが、それでも目的も分からなければ、なぜ作り出されたのかも良く分かりませんでした。

そしてそれらの謎をどうしても知りたいとも、考えだそうとも思えてこなかったです。

・自分と同じ顔をした人は地球上に3人いる

そういえば地球上には自分にそっくりな人が3人はいるという話を皆さんは聞いたことがありますでしょうか?

一度その3人と出会ってみたいですが、なんだかいざ同じ顔をした人物に出会ったとしたらそれはそれで恐ろしいかもしれないですね。

解説記事はこれがとても面白かったので共有しておきます。

【ネタバレ】映画『アス』徹底解説 瓜二つの“わたしたち”に襲われる真の意味とは?

.最後のお別れはこの曲で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください