【Week6&Week8 】パンサーズ対バッカニアーズ&対49ersの感想+タイタンズ戦プレビュー

ロンドンで行われた試合は勝利し、BYEウィークを挟んで迎えた49ers戦は大敗しました。昨シーズンもスティーラーズに大敗して以降7連敗したことを思うと不吉でなりません。

.ハイライト

バッカニアーズ戦

49ers戦

.まずはロンドンゲーム

トッテナムのスタジアム最高!!こんなスタジアムがあるロンドンが羨ましいです。絶対いつかサッカーを見に行きたいですね。

CARはプレビュー通りランがあまり出ませんでした。総獲得ランヤードは59ヤード(内CMCは22回走って31ヤード)CARのパスも思っていた以上に獲得できず、209ヤード。

4連勝中で一番ランが出なかった試合でした。

他にもデータの記録を見ると…

Kyle Allenを「キャリアスタートを0INTで4連勝しているQB」で見てみると、彼の前は1970年前遡らないといないそうです。

この試合前13試合では

・Newton&Heinickeの記録 0勝9敗 獲得点数平均18.2 INT13

・Allenの記録は 4勝0敗 獲得点数平均30.3 INT0

と様変わり…はたしてRivera HCはNewtonが完全復帰しても先発の座にそえるのでしょうか?

ドラフト外から加入したQBで4連勝を飾るのは1999年のKurt Warner以来だとか!さらにキャリアスタート5試合インターセプトしてないQBはallenが史上初だってよ。。。凄い。。。

CMCの真骨頂アンクルブレイク&スティフアーム!!で3人抜き

かっこよすぎます。

この試合では珍しい「Fair Catch Kick」がありました!

これを見るのは私も初めてでしたので色々調べて見たので下に記載していきます

ルールブックの「Fair Catch」の記載によると…

「フェアキャッチ後(中略)レシービングチームは以下二つのプレイを選択可能

A:キャッチした地点からFair-catch kick(ドロップキックかキッキングティーなしのプレイスキック)

B:キャッチした地点からスナップ

つまりかなりこのAを選択する状況ってなかなかないわけですね。

①キックが届きそうな距離でのフェアキャッチ

②さらにキックを選択するしかない時間帯

この2つがたまたま揃ったわけですね。

このフェアキャッチキックはFGと同様に成功すると3点です。

.49ers戦

パンサーズは49ersに大敗。。。

HCが何がいけなかったのかを語っている記事から気になる点を抜粋。

大まかに2つ

①守備陣は49ersのミスディレクションを誘う攻撃にやられてしまった。

②QBがボールを持ちすぎた

https://www.panthers.com/news/ron-rivera-breaks-down-what-went-wrong-against-the-49ers

①守備陣は49ersのミスディレクションを誘う攻撃にやられてしまった。

このプレイは単純なOutside Zoneのランだが、左へSwingの動きがあることから中央にどっかりと穴が空いてしまった。DTがもっと詰めてくれるといいのですが。

こちらも同様に左右に揺さぶられているプレイ。

スナップ後QBは右へ視線を移した後に左へのスクリーンプレイ。

②QBがボールを持ちすぎた

Allenはこの試合で7サックされ58ヤードの後退に貢献…

ボールを持ちすぎる、投げ捨てができていない。WRに厳しいカバーが付いていたとしても正確なボールを投げれるようにならなければ強い守備のチームには勝てないでしょう。

一方でCMCは100ヤード以上走りましたが…勝利には貢献できず。

彼のカウンター系のランはよく出ていた印象です。

しかし反則が多すぎましたね。

9回で70ヤード。

.次戦はホームにてタイタンズ戦

タイタンズ戦。

パンサーズとしては先週の悲惨な結果から立ち直る為にもホームで勝って欲しいところですね。

昨シーズンもスティーラーズに大敗した後に7連敗をしているだけに少し怖い部分もあります。

さらに今シーズンはホームでは1勝2敗と負け越している状況も怖い部分です。

HCが指摘していた左右に揺さぶる系に弱い守備に対してタイタンズは49ers同様の攻撃を仕掛けてくるのでしょうか?

パンサーズのランD#はラン平均で5ヤード喪失とリーグドベ。さらに試合平均ですと135.1ヤード喪失とリーグ27位とのことでランに弱いですね。タイタンズのHenryは先週ランD#が強いバッカニアーズから平均4.7ヤードの走りを見せただけあって彼を止められるかが鍵となりそうです。

QBがTannehillに変わってからは好調に見えますが…パスプロに関してはタイタンズは今シーズン34サックを許してリーグ最下位の成績です。一方でパンサーズは今シーズン30サックを決めておりリーグ2位。この成績から見るとタイタンズはランベースのオフェンスを見せてくるでしょうか??

パンサーズのオフェンスも同様にパスプロが今シーズン23サックとリーグ23位。タイタンズのサックは22サックとリーグ9位なのです。パンサーズのO#としてはいつも通りCMCのランが出せるか?パスプロが持つか?という点に注目してみたいと思います。

.地区状況

セインツ(7-1)

パンサーズ(4-3)

バッカニアーズ(2-5)

ファルコンズ(1-7)

このペースでいけば地区優勝はセインツぽいですね。パンサーズとしてはワイルドカードに滑り込みたいですが…

参照

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください